52山根秀宣さん(大阪まちプロデュース主宰・からほり倶楽部ファウンダー)

 

52_yamane

(ゲストからのメッセージ)

大阪市の地下鉄谷町六丁目駅の南側一帯は、名高い空堀商店街を中心に戦災で焼けなかった古い長屋が残り、上町台地の西斜面や瓦の土取り地だったということもあって坂道や石段も多い、特徴的な風情を醸し出しています。
しかし古い長屋は価値が無いと思われ、空き家のまま放置されたり、取り壊されたりしていましたので、それを惜しんだ市民有志で2001年4月空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト(からほり倶楽部)が設立されました。
長屋やまちの価値に気づいてもらい、近隣にできたマンション住民を取り込み、直木賞で有名な地域生まれの文豪の記念館をつくるなどした活動をしましたが、最初の課題は活動資金作りでした。
個人的にはまちづくりの提案から実践への転機となると共に、まちづくりと相反すると思われた不動産業が、まちづくりにつながる転機となった空堀の長屋再生のお話をさせていただきます。

演題: 『実践と転機〜空堀長屋再生プロジェクト〜』

日時: 2017年4月21日(金)18:30~20:30

場所: 納屋工房コミュニティスペース(兵庫県姫路市本町68番地 大手前第一ビル4階)

お問合せ: TEL079-263-7878(納屋工房)

 

=====================================

山根 秀宣 さん プロフィール

不動産経営の傍ら1992年頃から行政などに大阪の能力を活かす提言活動を開始。
99年からメルマガ、HPでも発信。
2001年空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト(からほり倶楽部)設立に参加。
02年転貸方式により長屋再生複合ショップ惣を開業。
お屋敷再生の練、文化施設の萌につづく。05年直木三十五記念館を開館。
並行して「からほり絵図」を発行し、また毎年開催したアートイベントでは
5000~1万人が空堀を訪れた。
ほかに大阪の川床「北浜テラス」の事務局長を務めるなど、
資金的に自立したまちづくりに多く関わる。

=====================================

下記のいずれかにてお申し込みください。

電話:079-263-7878
メール:info@nayakobo.com

メールでお申し込みの方は、件名を「ひめじまちづくり喫茶申込」としていただき、本文に「お名前、所属(会社、学校、グループ名等)、ご連絡先」をお書きください。

※ お手数ですがお一方づつお申し込みください。
※ 定員を大幅に超える場合はご連絡いたします。
※ 申込内容を変更される場合はご連絡ください。
=====================================